ペンエンド第9期2017.5.23
2017年5月20日(土)、21日(日)よりペンエンド第9期が始まりました。この2日間は講師陣から受講生に対して講義が行われます。1年間のプログラムの進め方と準備に関して清水先生から、石井先生からは歯内療法の意思決定、横田先生から根管形成、田中先生から根管洗浄、松浦先生から根管貼薬、梅田先生から根管充填、尾上先生から根管充填後の修復処置、そして私から再根管治療の実践に関して講義を行いました。初日の土曜日の午後7時からは東京ドームホテルにてペンエンド第8期の修了式も行われ、各期同士の親睦を深めてもらいエンド談義で夜を明かしました。皆さんこれからも頑張って参りましょう!

 ペントロン外科的歯内療法ハンズオン2017.5.23
2017年5月13日(土)、14日(日)の2日間、(株)ペントロン主催の外科的歯内療法ハンズオンがU’zデンタルクリニック実習室にて行われました。初日の土曜日の午前10時から午後2時までは歯根端切除術と意図的再植術の講義を行い、その後器材説明からS-EBAセメントおよびMTAセメントの混和実習を受講生全員で実習して頂きました。初日の最後にはこちらでご用意した抜去歯牙での歯根端切除術を受講生お一人お一人にインストラクター1名がアドバイスをさせて頂きながらMTAセメントの充填までして頂きました。翌日は、根尖病変を有するガム付き模型を用いて実際の臨床のようにリトラクターでフラップを把持しながら充填そして縫合までを実践して頂きました。午後からは私からライブサージュエリーを皆さんにお見せし注意点を説明させて頂き、最後に模型での意図的再植術の実習を行いました。

 ペントロン外科的歯内療法ハンズオン2017.5.23
2017年5月13日(土)、14日(日)の2日間、(株)ペントロン主催の外科的歯内療法ハンズオンがU’zデンタルクリニック実習室にて行われました。初日の土曜日の午前10時から午後2時までは歯根端切除術と意図的再植術の講義を行い、その後器材説明からS-EBAセメントおよびMTAセメントの混和実習を受講生全員で実習して頂きました。初日の最後にはこちらでご用意した抜去歯牙での歯根端切除術を受講生お一人お一人にインストラクター1名がアドバイスをさせて頂きながらMTAセメントの充填までして頂きました。翌日は、根尖病変を有するガム付き模型を用いて実際の臨床のようにリトラクターでフラップを把持しながら充填そして縫合までを実践して頂きました。午後からは私からライブサージュエリーを皆さんにお見せし注意点を説明させて頂き、最後に模型での意図的再植術の実習を行いました。

 BioRaceを極める:ベーシックコース2017.4.27
2017年4月22日(土)、23日(日)の2日間でBioRaceを用いたハンズオンコースを(株)白水貿易の大阪本社にて行いました。このコースはBioRaceを臨床に導入して頂く為の入門コースで講義と実習を組み合わせております。根管形成および根管洗浄・根管貼薬と根管充填の講義を行います。実習ではプラスチックブロックと抜去歯牙を用いてBioRaceでのフルレングス形成、そしてフィンガースプレッダーを用いた側法加圧根管充填を参加者の先生全員に実践して頂きました。また4月より発売されるFKGのXP-Endo Shaperも今回から使用して頂き症例ごとに対応して頂くようにレクチャーもさせて頂きました。受講頂きました先生方の明日からの臨床のお役に立てれば幸いです。

 修練会学術講演会20172017.4.21
2017年4月16日(日)愛知県名古屋市の今池ガスビルにて修練会学術講演会2017が行われました。先年の引き続きで“続・第一大臼歯を極める、一人でも最強、三人よれば無敵”との演題で修練会主宰の中村先生と大月先生と私の3人で行いました。午前10から午後5時まで補綴、ペリオ、エンドの3分野の専門医の立場から講演をさせて頂きました。私は『エンドから診た第一大臼歯のクラック・破折の診断と治療および予防を再考する』といった内容で約70分間お話を致しました。3名の講演後は今回の実行委員会からの症例を提示して頂き問題点を3名でディスカッションを致しました。会場からの質問も多く充実した1日でした。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59
[編集]
CGI-design