(株)コサカと修練会での講演会:2018年9月2018.9.18
2018年9月15日(土)は東京都練馬区の(株)コサカで”大臼歯におけるエンドのクリニカルマネージメント”との演題で午後3時から午後6時まで講演をさせて頂きました。そして翌日の2018年9月16日(日)、17日(月)の2日間、東京品川の御殿山トラストビル15階のカボジャパンにて中村健太郎先生主宰の修練会で[The Bacic Course ]でエンドのお話をさせいて頂きました。16日(日)の初日は午後1時から約1時間、中村先生から補綴から見たエンドとペリオについてお話があり、午後2時から午後7時までの5時間、私の方から歯内療法のコンセプトとロジック・治癒に導く根管形成と根管充填とは・再根管治療の意思決定と実践の内容で講義をさせて頂きました。17日(月)は午前10時から昼食を挟んで午後2時30分まで大月先生(DUOデンタルクリニック)からペリオの基礎のお話がありました。そして最後に大臼歯1本の治療に関してディスカッションが午後5 まで行われ参加された先生方も御一緒に考えて頂きました。この2日間が先生方の臨床のお役に立てれば幸いです。皆さん本当にお疲れ様でした。

 バイオレイスを極める;アドバンスコース2018年9月2018.9.12
2018年9月9日(日)午前9時から午後4時まで“バイオレイスを極める;アドバンスコース”の最終回が行なわれました。根未完成歯のマネージメントの講義と外傷歯治療のプロトコールそしてそれらのサマライズ。また、支台歯築造の実習もして頂きました。1年間でエンドを上達して頂くセミナーですが、皆さん頑張って付いて来て下さいました。論文の抄読と症例発表が初めての先生もおられ大変だったと思いますが、確実に知識とスキルは向上しました。しかしこれで終わればそれら全ては下がってしまいます。どうぞ継続的な学習をなさって下さい。現在、先生方のクリニックに来られている患者さんの為に、そして先生方の未来の為にと願っております。

 藤本研修会エンドコース第20期2018年9月2018.9.7
2018年9月1日(土)、2日(日)の2日間で藤本研修会エンドコース第20期の9月のセミナーがありました。今回は前回に引き続き実習で、主に大臼歯の根管形成から根管充填を行って頂きました。やはり大臼歯になりますとペースが格段にスローダウンしますが皆さん頑張っておられました。2日目の日曜日は実習テストがあり今までの成果を発揮して頂きました。満点の先生が3人もおられ今までに無い結果で、大変うれしく思いました。次回は講義です。
そして2018年9月6日午前3時8分に起こりました最大震度7を記録しました北海道胆振地震でお亡くなりになられた方には謹んでお悔やみ申し上げます。また被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 バイオレイスを極める;アドバンスコース2018年8月2018.8.30
2018年8月26日(日)午前9時〜午後4時まで(株)白水貿易主催:バイオレイスを極める:アドバンスコース8月のセミナーがU’zデンタルクリニック研修室にて行われました。今回は根管治療終了後の修復処置とコロナルリーケージ、そしてクラックについて講演し私の方から4本のリタラチャーレビューをさせて頂きました。その後4名の先生に4本の論文を抄読して頂き、ケープレもして頂きました。お一人お一人の先生の実力が向上しております。残すところ後1回ですので皆さん頑張って下さい。

 ペントロンジャパンエンドセミナーハンズオンコース2018.8.25
2018年8月18日(土)、19日(日)の2日間で、(株)ペントロンジャパン主催のエンドハンズオンコースがU'zデンタルクリニック実習室で行なわれました。初日の土曜日にはエンドの基本コンセプトから根管形成・根管洗浄・根管貼薬・根管充填・再治療の意思決定の講義をさせて頂きました。その後プラスチック模型から抜去歯牙までを根管形成から根管充填の実習をして頂きました。根管形成はBioRaceを使用しエンド用エンジンはトライオートZX2を用いました。根管充填はCWCT法とバイオセラミックシーラーのWell-Pulp STを用いたシングルポイント法を実習して頂きました。受講された先生の皆さん2日間、本当にお疲れさまでした。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70
[編集]
CGI-design